satoyamakong's blog

はてなダイヤリー「夢追い日記」から引っ越しました。

春よこい

月曜日と火曜日でサトコンへ行ってきました。
ふきのとうがあちこちに出て、いろんな野草がロゼット(地這い)には
なってますが、緑のパッチワークを作り出していました。
いよいよ春がひっそりですが、やってきています。


まずシイタケの駒打ちです。
師匠と懇意にしているT塚さん宅の庭で電動ドリルで穴を開け、
そこにシイタケ菌が入っている駒を木槌でトントン打ち込みます。
昨年もやっているので要領は分っています。
“駒打ち名人”といってもいいでしょう(笑)


木陰に運んで組んで行きます。

これで二年目。昨年の駒木はひっそりとそれに備えているようです。


次はサトコン3段目田んぼの畦のクロ台作りです。
若干の水があぜに沿って残っていたので、条件は揃ってます。
師匠が耕運機で畦側を何度も畝ってくれている間に、
クロを切った田んぼ側にどろどろ粘土を積んで行きます。

これが旨く出来ると後はその上にクロを塗っていきます。
これがクロヌリですがそれは次回にということになります。
いい感じででき上がりました。


で、次の日の朝。
あららん?水が溜まっています。

側溝からは水は入ってきてません。それでも水が溜まっています。
これが棚田の面白いところ。
どこからか水が浸みてきているようです。
クロ台だけでこのくらい水が溜まっているのは最高!とのこと。
ひゃっほー!
今年も3段目田んぼは期待できます。


次は1段目の新田んぼです。
なんとか頑張ってクロ切りをやって、その土を猫車で小麦畑の方に
持っていき、畦を作っていきます。
小麦畑と新田んぼの境界線作り。
せっせ、せっせと切っては土を運びます。
頑張ってやりました。
新田んぼの面積を決めるクロ切り。

そして、やや小麦畑の一部を犠牲にした、やや広めの畦ができました。

次回はクロ台を作る作業になります。
この新田んぼ作りはある意味チャレンジなので、
師匠のアドバイスを受けながらなんとか成功したいものです。
これが上手く行くと、サトコン米も2俵は堅いぞ!
と、取らぬ狸になってなってます(笑)



久々に目一杯の作業をやったので、昨日は筋肉バリバリだった
私でした。朝起きるのつらかったっす(;_;