satoyamakong's blog

はてなダイヤリー「夢追い日記」から引っ越しました。

まずは『山寺』

昨日の夜無事帰ってきました。
今回は
13日 米沢墓参り→市内探訪→米沢牛→泊り
14日 山寺→山形自動車道東北自動車道→帰宅
という行程でした。


まずは、今回のメイン、「山寺」の紹介からいきます。


米沢のホテルを8時前に出発。
国道13号を北へ。
途中濃霧で視界不良(+o+)でしたが、山形市に着いたら
バッチリ晴れです。
よかった〜(^_-)♪やはり日頃の行いがいい。。。。。。。からさ(笑)


従兄弟は古刹巡りが趣味で、自身でもブログにそれを綴ってます。
http://blogs.yahoo.co.jp/jinjin_tsuka
です。もし、興味ある方はどうぞ!興味なき方はいいです(笑)


駐車場のすぐ上、いきなり国宝です。

根本中堂。1,100年も前の建物なんですね。
どうですか?この屋根の造形美。よく造ったもんですね。


いよいよ山門。ここから1100段の階段を登ります。
途中にいろんな御堂があります。

さっ、行くぜい!
しばらくして、芭蕉がここであの『閑さや岩にしみ入る蝉の声』を
詠んだとされる塚があります。


登ります!息が上がりますが、そこは「農」で鍛えた?足腰。
しばらく腰痛で休んでましたが・・・大丈夫でしたね(^_-)
途中、煩悩のある者通しゃせぬ!仁王門です。

俺、ここ通っちゃいけないのでは。。。。。。(*_*)
閻魔さんもおります。ヤバイ!


無事通過(笑)


いくつかの御堂で従兄弟が朱印を貰うので、
意外と休めます。助かんなぁ〜(笑)


奥の院、大仏殿を経て、最上部、あのジョージアのCMに出てくる
五大堂です。
眺めいいし、「俳句が上手くなる」。そんな気分になれます。



その下の開山堂、と小さい祠でも最古の納経堂など
いい感じで配置されてます。

このくらいまで登ってくると紅葉も始まってます。


下り道。
杉に切り株から新芽が出ています。

ここにも新たな命の息吹が。
世代交代してます。この若い芽が大きな木に成長
したころ、日本はどうなっているのか?
そんなこともこの霊験あらたかな場所で思うのも
自分らしい(笑)


下山し、麓の茶屋で名物の“力こんにゃく”をいただきました。
美味しかった〜♪
「美味い」「美味い」って言ってたら、ここのおばちゃん
奥の細道の語り「山寺」の一部を披露してくれました。
一時、巡ってきた山寺の情景がしっかりこころに刻みこむことができました。

ありがとね〜。おばちゃん!


ってわけで、なかなかよかったです。
山寺。正しくは宝珠山立石寺

奥の細道の一部をかじることができました。