satoyamakong's blog

はてなダイヤリー「夢追い日記」から引っ越しました。

WATARIDORI

秋の渡りが始まってます。
シギやチドリたちは今月初めからでしたが、
鴨がいよいよ北から渡ってきました。
北の国からハシビロガモ」が第一陣で渡ってきました。
先週初認です。
これから干潟には越冬の鴨たちが続々渡ってくることでしょう。
ようこそ!ニッポンへ!

このハシビロガモ
嘴の幅が広いのでそのような名前がついています。
英語ではシャベラー。シャベルのような嘴の鴨という意味です。


この渡りの時期、雄も雌も同じ地味な茶色の羽です。
渡りの道中は危険が伴いますので、目立たない色になっての到着です。
冬になるにしたがって、雄が綺麗な羽に衣替えします。
そしてプロポーズ大作戦が始まります。
観察してると面白いですよ。鴨の恋の駆け引き(笑)
雄の猛烈アタックがあちこちで始まります。
この谷津干潟で越冬しながらペアを作り、春になると子育ての為に
また遠い北の国に渡っていきます。
でも、最後の最後までもてない雄がいたりします(笑)
世の中きびすいっす(;_;


彼らには国境はありません。
国際派です。
この地球を故郷にしています。
醜い領土争い、宗教争い、生存競争は激しいですが、殺し合いはしません。


彼等からはこの人類達の醜い争い事はどう映ってきたのでしょうか?
少しばっかり恥ずかしく思ったりします。


いつか観た映画「WATARIDORI」を思い出しました。