satoyamakong's blog

はてなダイヤリー「夢追い日記」から引っ越しました。

実験してます

11日の日曜日は谷津干潟公園ワークショップの日。
あの、死んだような林に人の手を入れ、
復活させるというワークショップです。
今日は男たちが多くの参加です。
その中にはいわき市から参加の方や東北に行きっぱなしの石屋さん
も居たりしてます。凄いメンバーだねぇ〜(^_-)♪
いつになく男くさい(笑)集団になりました。

作業は撃ち落とした枝のチップ化&池の草取り&私のこだわり、
堆肥作り、堆肥作製穴掘りです。


まず、池です。
池には青い浮き草(名前聞きましたが忘れました)
こいつは除去(ごめんね)しないと一瞬に広がってしまうのです。

こことチップ化は任せて、私はもっぱら堆肥の状況が気になりますので、そちらに。
私の実験現場です。


一時発酵が止まり、ヤバい臭味が漂って“腐ったか?”を心配させていたが、
過日、あの佐倉の地ビール工房、ロコビアから
麦芽かすとビールと酵母を分離する際に出る酵母入り珪藻土をGETしたものを
投入したことにより、やや息を吹き返したのでは?との期待をもっていた
ものですから、即刻行ってみました。


その投入した時の画像。

今回はその甲斐があったようで、幾分発酵が上手くいってる様子がうかがわれ
ました。
農家出身の方から“いい感じじゃないんですかね”という評価もいただき、
“嬉し”(^_-)♪です。


周りに栄養分が沁みていかないようにとのことで、木の囲い(緊急ですが)
も設置し、切返しもして、、、(汗だく)また様子を見て行くことにしました。


堆肥作製実験が上手くいった暁には、サトコンまもとより、干潟周辺の
草木の堆肥供給への利用していこうと計画しています。


実験も絡むと、ワークショップへの関わり方もやる気になってきます。

池の掃除は終わってました(笑)

午後からは子供レンジャー育成イベントにも参加したりしながら
環境教育への一端への道筋も模索していきます。


干潟センターへの関わりも最近増えてきてます。
これも将来への夢の実現への一歩だ!とね。