satoyamakong's blog

はてなダイヤリー「夢追い日記」から引っ越しました。

青潮猛威

昨夜の研修受講生の打ち上げ参加は大歓迎されました♪
ノリに乗じ一人一人へのショートメッセージまでして、
感謝され、いい雰囲気でした。
行ってよかったです。妙な残尿感も吹っ飛びました!!


さて、今日の午後、ミンミンゼミの声を遠くに聞きました。
でも、すぐにどこかに飛んで行ったのか、その後はサッパリ。
まだ初鳴きの確認というところではないです。
このセミの声のついてのレポートはしばらく続けていきます。


さて、昨日、今日の谷津干潟の水の色は青みがかった白色。
そう、青潮です。

東京湾に強い北の風が吹くと現れます。
湾の浅いところの海底に溜まってるプランクトンの死骸や生活排水の有機物
が海面に現れてきて酸素不足がおきます。
イオウ分が光に反射してこんな色になるんだそうで。。。。。
そいえばなんかイオウ臭く感じたりしますね。確かに。


で、干潟に入ってくる小魚たちも酸素不足になってしまい、、、
あ〜死んだのが流れていきます。多くの魚たちが死んでいくなぁ。。。

干潟の食の連鎖に大きな影響があるんだろうなぁ。

って見てるとそこを何もなかったようにジョギングしてる人、
わいわいがやがやと学生たちが通り過ぎていきます。
水の色や魚の死体なんかにも全く目も触れず。。。。
仕方ないですね。興味のないところには目が行かないもんです。


干潟を囲んでいる堤も人が作ったものです。
東京湾の有機物の多くを排出してきたのも人です。
その陰でこんなことが起きている事を知っている人は少ないですよね。
少しでも「なんでこんな色?」って見て欲しいものです。
環境問題ってそんな身近な自然に目を向けることから始まるような気がする
のです。


それにしても今回の青潮の色はいつにもまして濃いようです。
赤潮青潮。信号じゃないんだから海の色くらいは
まともなままでいて欲しいものです。