satoyamakong's blog

はてなダイヤリー「夢追い日記」から引っ越しました。

干潟では

今の時期の谷津干潟の楽しみ♪
それは渡りの途中で訪れてくれる夏鳥の姿。
トウネン、シロチドリ、オオメダイチドリキョウジョシギ
ダイシャクシギ、ホウロクシギキアシシギ等シギ、チドリの連中です。


その中で私のお気に入りはチュウシャクシギ
世界でも個体数が減ってるシギの仲間です。
確かレッドデータブックに掲載されている渡り鳥です。


夕方から夜にかけて彼らの鳴き声には魅了される。
ホイ;ピピピピピッ!ピッピッピッ。
独特の鳴き声だ。
物悲しさの中に仲間を呼ぶ歓喜のさえずり。
この声を聴きながら彼らが渡る幾多の海、干潟、空を想像すると
よくその情景が浮かんできます。年に二回も北と南を行き来するという性(さが)を
思うとうらさびしさともその逞しさを感じることができます。
一度ここ谷津干潟をこの時期に訪れて聞き惚れてください。
損はしないはずです(笑)


これからも変わることなくその渡りを続けていくことだろう。
その為には我々人間が彼らの渡りの環境を保全していく必要があるようだ。
これ以上人間の独りよがりな環境破壊をしていくべきではないだろう。
そうすることがチュウシャクシギだけのことではなく地球を救うことに
なりはしないかとも思っています。
私の好きなチュウシャクシギだからと限定しているわけではありませんよ!
あしからず。


今日立夏を迎えた日に思ったことでした。