satoyamakong's blog

はてなダイヤリー「夢追い日記」から引っ越しました。

新年度の日

今年も1/4が終わり4月に入りました。
新年度です。日本は新たな始まりを正月と年度初めの二回持ってます。
特に春のこの二回目の新たな始まりは自然を有難く感じる頃にきます。
象徴は「桜」ですね。


今日の干潟一周ではまだ「桜」が主役にはなっていないようでした。
ただ、蕾は『プックリ』としてもうすぐ『プワー』と花弁が表れてくる
ピンク色です。

もうすぐでした。

いつも同時期にその脇役を担う「ユキヤナギ」はもう満開でした。
白いじゅうたんです。

その参加者はこんなに可憐な花たちの集まりです。

「あらら?上の桜ちゃんは今年は遅いのねぇ」と待ちわびているようです。
もう一人こちらはハナカイドウ。
「いつもは主役の前に咲くんだけど、今年は一緒になりそう。影薄くなるじゃん!!」
とちょっと不機嫌模様。「プクッ」と膨れております。

干潟には憧れのセイタカシギ。好きなんです。この鳥。会えると嬉しい。。。
水は暖かかそうに見えませんか?春らしいですね♪


残念なのはボランティアもしてる谷津干潟自然観察センターが未だに
閉館してしまっていることです。

浦安や我孫子に話題を持っていかれてますが、この近辺の液状化も半端ないのです。
せっかくの春の渡りの時期なのに。


そんなことはわれ知らず。鳥たちはいつもの生活を続けています。
人の都合で自然は巡ってはいないのです。
当たり前のように干潟もその満ち引きを繰り返してます。
引き潮の時には「谷津の渦潮」が見られます。


液状化で噴出した砂の上には大きな鳥の足跡。
液状化?何それ?自分たちがいいように自然の海を埋め立てて
そのあげく地震で液状化したと大騒ぎしとるわい。なんじゃ?
といわんばかりです。


人の世界で今日は入社式も行われていました。
ふと現実に戻るといつもの新年度の風景です。
さ、研修準備です。私の出番は11日からです。新年度!新たなスタートです。