satoyamakong's blog

はてなダイヤリー「夢追い日記」から引っ越しました。

春の花の色

昨日は寒かったし夜は冷たい雨でした。
今日は冬型の西高東低。
無茶苦茶風が強い。天気晴朗なれど、波高し。
海ではない谷津干潟の水面も波だっていました。
明日も東・北日本は未だに寒いと言っています。
その後は春らしくなるそうですね。
さく〜ら〜はまだかいな♪


さて、私たちの周りにもそろそろ花を咲かせる植物たちの姿が見られる
様になってきました。


どうも黄色い花が多いようです。菜の花、たんぽぽ、ヘビイチゴノゲシ
ですね。
これは、春になると真っ先に活動しはじめるアブが
黄色が好きだからだそうです。
アブはハチと違って二枚羽。そんなに遠くに飛べません。
黄色い花をつける早春の花たちは群生します。
黄色が好きなアブたちが花から花へ飛びまわりやすくするために
群生するんですね。
早春の花々たちの見事な戦略と言えます。
黄色い花とアブたちの共生ですね。


自然界には共生という生きていくための見事な戦略が沢山あります。
われわれ人類は共生という概念をすっかり忘れてしまい、
自分たちさえ良ければいいやの戦略が蔓延しています。


今回の大地震と大津波は自然災害です。
これは避けようもない自然の行いです。
でも、原発からの放射能被害(住民避難、被ばく被害)という厄介な大災害も
背負ってしまいました。これは自然でないものを作り出して
人が便利・快適を追求してきてしまった結果ですよね。


自業自得ということも言えるのかもしれないです。


自然界と共生しながらの暮らし方というかライフスタイルのヒントは
ひょっとして身近な自然の中にも沢山あるようです。


黄色い花たちやアブに教えられてる自分がいます。