satoyamakong's blog

はてなダイヤリー「夢追い日記」から引っ越しました。

野菜たち

福島県、茨城、栃木、群馬県産の野菜たち。
出荷制限、摂取制限が発表されました。


ニュースや新聞では草払い機でせっかく実った葉物達が刈られてたり
廃棄されています。
少なくとも野菜を作っている身から見ると、やるせない気持ちです。
確かに放射線物質が高いと言われれば口にしたくないのが人情ということ
はわかります。
乳幼児を持つ方はなおさらでしょう。
でも、毎日死ぬほど喰わない限り大丈夫なんでしょ?
政府は風評被害を抑えるためにと言ってますが、菅さん、蓮坊さん、
枝野さん目の前でバリバリ食べてみてくださいよ。大丈夫ですよって。
だったらまだ納得します。
作付農家の方々の苦悩はいくばくか?
もう農を辞めてしまうかもしれません。
そしたら困るのは消費者我々なんですね。


考えてみてください。
私たちは虫も付いていない野菜を平気で今まで購入しています。
虫がいたり、虫がくっていたりしたら、すぐにお店の人にクレーム
を入れていないでしょうか?
虫も食わない葉物の野菜は農薬や化学肥料バリバリの物って知ってますか?
妙に青々した葉っぱ。まっすぐにしか伸びないキュウリ。。。。。
それしか消費者は買わないからです。農家の人たちからはわざわざそんなものを
作らないと売れないから止むなく高い金を使って農薬や化学肥料を使っているのです。


我々消費者はもっと賢くなって消費活動をしていかないといけないと思います。
本当に安心・安全な物ってどういうものなのか?
『食』とは『人』を『良くする』と書きます。
今までの消費活動でよかったのでしょうか?


放射能はたしかに怖いです。でも殺虫剤入り農薬や異常な成長促進のための
化学肥料は怖くないのでしょうか?
ほうれん草は怖いからかわない。なんていってる人の買い物かごに
青々した綺麗な虫も付いていない、穴も開いていないキャベツや
小松菜やチンゲン菜が入ってないでしょうか?
既にそれ自体が異常なのです。
曲がっていたって、色目が悪くたって、少し虫が食ってたっていいじゃないですか。
そういうものはないですか?ってお店の人に訪ねてもいいんじゃないですか?
そういう声が多いと当たり前に仕入れられます。
賢い消費者になりましょう。騙されない消費者になりましょう。
放射能が駄目なら、農薬や化学肥料も駄目なような気がします。
そっちは平気なんですね。


今回の野菜騒ぎを機会に、本当の食の安全性は如何に?を考え直すきっかかけに
したいものです。


今夜は我が家のみそ汁は思いっきり穴あきほうれん草(千葉産)を入れて
美味しくいただきました。(いつもより洗いました)