satoyamakong's blog

はてなダイヤリー「夢追い日記」から引っ越しました。

その時

昨日のその時は東京におりました。
映画(レイチェルカーソンの感性の森)を午前中に鑑賞して
午後からのある研修会社のレセプションに参加するために
赤坂へ向かって歩き始めた矢先でした。


東京で大地震に遭遇したらおそらく命の保証はないものと
前々から思っていました。
大きな揺れでした。まともに立っていられませんでした。
船酔いしそうな揺れ。
ただ、直感的に横揺れだ!これは直下型ではない。
震源は遠いはず。。。。と思ったのを覚えています。
これは死ぬわけにはいかないなんてことも。。。。


路上にたくさんの人が出てきました。
さすが東京です。すごい人です。


雑踏をかき分けながら、なんとか目標のレセプション会場へ行きつけました。
宿泊付きでもありましたし、元同僚にも会えました。


帰宅難民にはならずに東京に逗留できたこと。
家族も無事だったこと。
でも、かの地方ではとんでもない災害になってしまったこと。
夜中何回かの余震で寝れなかったこと。
いろんなことはありましたが、無事今自宅におります。


TV報道を観ながら、思ったことがあります。
「自然が、地球が怒っている!」「お前らいい加減にしろ!」と
このままいったらもっととんでもないことを起こしてやるぞ!と
脅しをかけているのではないか。
なにもレイチェルを観たからではないというものの
やはり自然現象の前では人は無力であり、畏敬の念を持って
相対するものだ!!!とつくづく思い知らされました。


我々は人類を代表して八百万の神様に怒られたんだ!!!
真摯にあやまるべきなのかもしれない。