satoyamakong's blog

はてなダイヤリー「夢追い日記」から引っ越しました。

自然の環境は凄いや

自然界にあるもの。
我々は自然界から貰っているものは沢山のものがある。
生態系サービスというらしいが、
食糧、空気、水、といった生きていくのに必須なものから、薬、紙、油等
あって便利なもの、今人類が安心、安全に暮らしていける
全ての物を与えてもらっているといってもいいだろう。
そう、サービスしてもらっている。


自然界に存在しているものは全て自分が生きていける為に
実に見事にジコチュウ(自己中)なのだが、
その行動、暮らしの中で多くは無意識かも知れないが他の物を助けている。
共生ということを理科で習ったなあ。
だから地球が出来て46億年もの間で、このような
素晴らしい自然空間、多様な生物が生存することができるようになったんだろう。


そもそも、共生できなくてそれを破壊していくもの、無視するものは淘汰されても
しょうがない存在なのかもしれない。
今までどれだけの生き物がそれで淘汰されてきたのか知れたものではない。


人間はどうだろう?
破壊してるよなぁ〜、我がもの顔できてるよなぁ〜
世界中で天候異変やいろんなウィルスが発生してきている。
自然界はひょっとして人間を淘汰しようとして
動き始めていると思ったりしてきた。


今われわれ人類が利用している地下資源、主に石油や石炭は
恐竜や植物の死骸が堆積したのもというが、それだけでは
なくて、今までに淘汰された数多くの生き物の死骸だとは
考えられないだろうか。
それを産業革命以来好き放題に利用して、短い間に急速に豊かな
文明を作り出してしまった。


今度は我々64億人(2050年には90億人になるってさ)
の人類が淘汰され、長い年月を経て原油になってしまい、
それを掘り出して何者かが利用して文明を開花させる
なんてことにはなりはしないか。。。。。。。。


地球の終焉は必ずくると言われている。
天体はいつか無くなるというのは事実だろう。
地球の寿命はあと50億年とも60億年とも言われているが、
そろそろ我々人類は賢い暮らし方をして、少しでも
その淘汰の時期を先延ばしにしていってもいいんじゃないかと。。。
ベランダから干潟越しの遠景を見ながらそう思ったりした。


いつか地球はこの宇宙から消滅するのは間違いない。