satoyamakong's blog

はてなダイヤリー「夢追い日記」から引っ越しました。

この国の行方

この年末年始TV番組は似たようなバラエティー番組の多さに
うんざりしつつも、その隙間でいろいろ考えさせる番組もあったと思う。


そのような番組を見るにつけ、
無縁社会、加速度的に進む少子高齢化、経済の低迷継続、大都市集中
就職氷河期、雇用の減少、無策の政治、医療の不安定化、地域格差、経済格差
等などこの国の先行きが不安になってしまうことのオンパレードに
改めて唖然としてしまった。


どうなっていってしまうのか?どこに行こうとしているのか?
全く見えてこないではないか。
国もそうなら国民もそうなんだろうと。
いつからか閉塞感が漂っていたのを見て見ぬふりをしていた。
自分さえよければいいと思っていた。
自分のことで精一杯だと思っていた。
でも、もうそれも限界にきているように思う。


私の住んでいるすぐ近くの団地でも高齢化とシャッター商店街が現実に表れて
きている。縮図が見れる。寂しい光景がすぐそこで見られる。
都心に近い近郊都市のこの街の近くでそうなのだから
全国的には既に大変な事になっているのでは???
気がついているのに見ようとしていない。
ゆで蛙のようだね。という声も聞こえる。
これはもう自分さえよければなんていってる場合ではないように思う。
だからといってそんなマスコミの言いなりになって
不安がっていてもしょうがないのはわかっている。


でも、確実に言えるのはそろそろ国民一人ひとりが、
真剣に何かに向けて始めていかないと、
この国はとんでもないことになってしまうのはどうも間違いないようだ。


2011年。新たな10年の節目の年だ。
さて、もう一歩前に出てよく見てみよう。
そして再度動き始めよう。 と思う。