satoyamakong's blog

はてなダイヤリー「夢追い日記」から引っ越しました。

縦割り行政

昨日は会社設立の手続きで、各行政毎に行ってきた。
そう、税制上の手続き。
まずは市役所へ。ここはスムーズ。
優しく対応してくれた。


次は国税へ。
ここが曲者だった。
書類が多く必要のない書類も一式で、はい!っと。
おいおい。中身説明してくれよ。とお願いすると、
いかにも面倒な表情ありありでの対応。
さっさと説明して帰っていった。
次に来るのが当たり前でしょ。
ちゃんと記入してもう一回きてください。と言わんばっかり。
仕方がないからもう一回いくんだろうなぁ〜
誰がお客様という気持ちがいっさいない。
誰のお陰で生活しているのか?なんて考えたこともないんだろうなぁ。


切れそうな気持ちを引きずりながら、県税事務所へ。
受付に出て来た若い女性。
重度の障害を持っていながら、松葉つえを一生懸命つかって
受付の窓口へ来てくれた。
用件を伝えると、可愛い笑顔で案内してくれた。
その時「暑い中お疲れ様です。」と声もかけてくれた。
可愛くて若い女性。いっぱいの笑顔で対応してくれたことで
心が洗われた。気持ちがすーっと優しくなっていく。
思わず「丁寧にありがとう!」という言葉が自然に出てくる。
名前は判らなかったが、心の底から応援したくなった。
「千葉西県税事務所」の彼女。『がんばれ!』

国税の彼氏。彼女の鼻くそでも煎じて飲んでみろ!!!


県税もすんなり済んだ。


本当に助かる。


しかし、疑問が出て来た。
税金を払う我々の事を考えているのなら、どこか一か所に書類を提出したら
共有できないものなのか????????
この世の中絶対できるはずだ。
記入することはほぼ共通しているはずだが、微妙に違ってる。
わざと違わせて、自分たちの仕事をキープしているかのようだ。
いや、絶対にしてるのだ。
無駄!無駄!
縦割り行政の最たるものを経験した。
行政のこのようなことを決して許してはいけない。
このようなことから政治や行政に関心をもたないといけないと思った。


こんなこと日本中に沢山あるはずだ。
消費税増税はそのあとにやって欲しいものだ。
今は絶対反対だぞ!俺は。