satoyamakong's blog

はてなダイヤリー「夢追い日記」から引っ越しました。

あたらしい流れ

今日初めて知ったのだが、昨年の10月に千葉市と佐倉市の間にある四街道市の市長選
で、2期務めた現職(53歳)を破って、NPO法人「めだかの会」理事長でもあり、
割り箸芸術家でもある、小池 正孝さんが、70歳代という高齢にも関わらず見事に
当選していた。
環境保全活動にも積極的に参加してきたし、選挙活動は辻説法を展開したという。
現職は箱物行政を押し進めたが、住民投票で否決されたりしたが、
それでも自民、公明公認で圧倒的に有利とされていたというのに敗北した。
住民がいままでの流れを断ち切って新たな流れを標榜しくということなのか。
四街道の今後を見守りたい。


1昨年の法律改正により、企業も農業に進出することが可能になった。
ワタミ、モスフードサービスサイゼリヤ、そして白木屋などを展開する
モンテローザなど、名だたる外食産業、イトーヨーカドーの流通大手が
農業に進出し、野菜を供給し始めた。主には自社で消費、販売している。
JAS法もクリアーし、堆肥での土作り、化学肥料や農薬を使わないで、
食の安全性を確保し価格も自社で吸収して、高く設定していない。
日本では、野菜の生産のうち、約2割が規格外といことで
廃棄されている。
そこは、やはり自社で利用、販売するのでほとんどのものが利用できる。
消費者も安心、安全でよろこばしい。
そこから発生する廃棄物も自社なので堆肥などに再利用もしやすい。
新たな還流が生まれたと言っていいだろう。

世界同時不況である現在がいいチャンスではないか。
日本人は賢い選択に向かって行く時なのだろう。
私もその流れに乗っていきたい。どこかで関わっていきたい。