satoyamakong's blog

はてなダイヤリー「夢追い日記」から引っ越しました。

年内に

今年の夏に生まれた従兄弟のお孫さん。
会いに行こう行こうと思いつつ今になってしまった。年内にはと
思い、昨日年末ギリギリであったが訪問した。
JRと小田急を乗り継ぎ、約2時間弱で到着。
静かな新興住宅街にあった。
早速、5ヶ月の赤ちゃんと御対面!

生後5が月ってこんなにしっかりしてたっけ?
我が娘達の頃から20年以上経っているので、その感覚を忘れて
しまっている。名前は「理央」ちゃん。
いつもはニコニコと笑っているようだが、緊張していたのか?
マジ顔でご挨拶だった。

そこの家には、犬もおり、こちらはもう15歳のおじいちゃん
コーギー。「クン」ちゃんというか「クン」じいであった。

従兄弟も髪の毛が真っ白になってきており、年を重ねてきた
ものだと痛感。
知らないうちに新しい世代になってきているのだ。
鴨川のフィールドでは、私はまだまだヒヨコ扱いなのに、こちら
側ではもうじい様扱いになろうとしている。
この隔たりはなんなのだろうか?
やはり核家族となり、じい様ばあ様と“住む世界”が違ってきたというのがその原因なのだろう。
すっかりお世話になってしまい、帰りの電車内ではいい気分の
私なのでありました。

さて、今日は大晦日!2008年の締めくくり。
今年もいろんなことが起きた。
でも、総括すると、占いの世界だと一休みの年というあったが、どちらかと言うと前に進めた年であったと思う。
一番のトピックスは、なんと言っても『自己米』の収穫と心臓冠動脈の手術であったろう。
一休みが心臓補修、前進が米の収穫。そんな一年だった。

来る年は、再び活性の年という。どんな出会いの中から新たな
うれしくも感激的なことに出会えるのか?今から楽しみである。
そのためには、自ら動き出すことに限るのだが、そこには
私のためにいろいろやっていただける人がいる。
その人たちに感謝しつつ、新年を迎えることにする。
『皆さん、有難うございました。』