satoyamakong's blog

はてなダイヤリー「夢追い日記」から引っ越しました。

米のおいしさ

今夜、ジャーに残ってたご飯をちょっとつまみ食いした。
冷えていたが、サトコン米の白米。今年の自己米。
口に入れてしばらく噛んでいると甘くなっていく。
本当に甘い。そしておいしい。
米そのものには「味」はない。なのに何故なんだろう。
味が無いからこそ、調理方法はいかようにもなり、
他のおかずとの相性もピッタリなのだ。
米の炭水化物には、アミロースとアミノペクチンが含まれている。
甘さは別として、米のモチモチとした触感が一番その「味」の
決め手になっていると思う。
米は長い間日本人の「主食」として君臨してきたが、おかずを
「主」とするような現代でも、おかずをひき立てる「主役」であることは間違いないようだ。
なんて、つまみ食いしながら思う秋の夜であった。