satoyamakong's blog

はてなダイヤリー「夢追い日記」から引っ越しました。

マガモ

今日谷津干潟マガモを見つけた。実は久しぶりに見た。
谷津干潟に秋がやってくると、北の国からカモ達が渡ってくる。
私の知っている限りでは、一番多いのはヒドリガモ、次にオナガガモコガモ、カルガモ(こいつは留鳥ハシビロガモヨシガモ
ホシハジロマガモという順番でないだろうか?
マガモが珍しいのである。
“マ”がつくのはその種ではメインなのではないか。
魚でもマイワシ、マダイ、マアジとメインどころが並ぶ。
鳥も多くは無いが、マガモを筆頭にマガン、マヒワという。
マガモ”は、画像が無くてわかりにくいが、別名“青首”と
いわれ、料理の世界では“鴨は青首が一番美味い”といわれて
いる。
頭は緑色、首の途中に白い帯があり、その下は茶色。体全体は灰色
でオシリが黒。特徴的な鴨である。
この谷津干潟では“マガモ”は主役ではない。私の目にもあまり
目にしないカモなのである。
でも、カモ達、綺麗にしているのは雄。そう、カラフルなのは
雄なのである。今の季節一生懸命に換羽(羽が生え変わる)中の
奴が多い。早くカラフルになって、雌の気を引いて“ナンパ”
しないと、ペアリングできないのだ。
ここで越冬して、春になるとペアになってまた北の国に渡っていく。
そう、干潟のカモ達にとって、冬は恋の季節なのだ。
今日、私もスーツ2着新調したものを店に取りに行ってきたし、
Yシャツも買ってきたし??????