satoyamakong's blog

はてなダイヤリー「夢追い日記」から引っ越しました。

外国人旅行者

今日ビジネス目的でネットを見ていたら、
面白い記事を見つけた。昨年度の日本を訪れた外国人観光客は835万人。前年比100万人も増えているそうだ。増えたのは主に中国からの買い物目的の旅行者らしい。銀座や新宿、秋葉原でブランド品や電気製品を買いあさる中国人が目立っている。一時の日本人が欧米で同じような協奏曲を演じていたようなものだ。現地の欧米人たちにこのようにみられていたのだろうと思うと、何となく恥ずかしい思いがする。
その側面、欧米人観光客に人気なのは、古き良き日本が残っているところ。東京でも入谷や根津等のいわゆる下町。面白いのは真言密教の聖地の高野山。昨年は3万人が訪れている。「これこそが探していた本当の日本の姿だ」といわれているのだそうだ。欧米人は同じような特徴の無いビル群が並ぶ景色より、日本らしい古い町並みや人情をこよなく快いと人気なのだ。
日本人が忘れ去ろうとしている光景やそこに住んでいる人々が欧米人を魅了している。皮肉な話だ。
どうも、ここに今後の日本が進む道があるような気がする。安部総理が言っていた「美しい日本」の姿だ。
どうだろう、フランスやドイツの古い町並みやプロバンスに代表される美しい田園風景が新たな文化を呼び込んでいるのと同様、日本の里山や、下町。この保存や整備が新たなる日本、世界に誇れる日本のあり方があるように思うのだが、、、、、、