読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

satoyamakong's blog

はてなダイヤリー「夢追い日記」から引っ越しました。

忙中

今年の田植えはバタバタでした。

まったくと言っていいほど余裕がなく、田植え前の草刈もできませんで、

今月4日に草刈と田植えの二重奏を!

結局一段目は何とかできましたが、三段目はお預け。

7日に師匠がやってくれたはずです。

仕事が重なり、休みの日もその準備に追われてしまい。。。。。。

 

う~ん、やはり無理なのかな~*1とも思いつつ、

でも、ここまでやってきたんだから、続けよう、思いは交錯しました。

 

で、やはりやっていきます!!

研修の仕事に相通じる農の世界!得るものはは今までもあったはず。

でも活かしきれていない!こんな今年です。

今抱えている自主営業の案件も動き始めています。

今年はそれをものにしながら続けていく。

それが自分らしい今後の生活。それは続けていく。

そう決心し、明日からの仕事も頑張っていくつもりです!!

画像も用意できずに久々のアップです。

*1:+_+

さ~今年もやるぞ~♪

 

サトコン田んぼ。今年もやります!

今回は畑の麦踏みから。

いい感じで成長しています。今回が最後の踏み踏み。

奥の木々達は先月の雪の影響で折れたものです。後々

整理しなきゃです。こんなの初めてですが、これも

普段木の面倒をみていない昨今の山を表しているんだろ

うな。

 

f:id:satoyamakong:20140307151636j:plain

ここから田んぼです。

まずくろきりです。畦と田の境をはっきりさせるのと

水止めの基礎。ここからくろ台を作ってくろぬりとなります。

農もデザインですからきれいにキッチリと切っていきます。

切った後くろたたき。切った下部を小槌でパタンパタンと

叩き、固めていきます。畦に穴をあけるモグラに

ここからは危険地帯だぞ!と宣言するものとも言われてます。

f:id:satoyamakong:20140307165949j:plain

1段目、3段目も切りました。

f:id:satoyamakong:20140307151538j:plain

今月のうちにくろぬり、水留め、しろかきまでやりたいな~。

1段目の水溜まりに“トウキョウサンショウウオ”のたまごが。

うれしい仲間の置きものです。春だな~♪♪

またまたご無沙汰

さぼってました。更新を。

農友から“生きてた?”のお言葉。気にはしてましたが、、、、

で、今までの活動を一気に書き込むことにしました。

(でも、トピックになりますが)

 

谷津干潟の困りものと言われてるアオサ。

でも、自然に発生している海藻です。彼らを困りものといってるのは

人間の事情です。で、彼らを昔のように有効に使ってなんとか

循環してやろうと思います。

食品化と肥料化。昨年暮れから谷津干潟のセンター長と進めています。

 

仕事の方は毎年のことですが、冬の期間は仕事が少ないのです。

春から夏にかけては怒涛のようなのですが。

年間通じてまんべんなく仕事が入る状態にしたい。

そのために動き出しています。

 

さて、サトコン。

前回はたんぼの準備でした。

土起こしです。久々の耕運機操作で筋肉痛になったっけ(笑)

f:id:satoyamakong:20140203110248j:plain

f:id:satoyamakong:20140203120220j:plain

井上師匠は地元農家の方から猪肉をGET!

f:id:satoyamakong:20140203164935j:plain

それをさばいてもらい私もおこぼれをいただきました。

帰宅後焼き肉にして。。。。。。柔らかくて癖もなく

最高でした。

 

千葉中央区のヒバリファームでも動きがありました。

その様子はComming soonです。

房総の味

 

千葉県は落花生で有名です。

先日、野菜宅配のお手伝いに伺った千葉市(といっても八街に近い)若葉区

ヒバリファーム上泉のオーナーさんから「もう最後だね」といっていただいてきた

生の落花生。

さっそく、産地の千葉ならではの『茹でピーナッツ』にしました。

f:id:satoyamakong:20131028205343j:plain

最近でこそこの『茹でピーナッツ』は、ぼちぼちと全国進出しているようですが、

まだまだメジャーではありませんよね。

塩ゆでにしますが、茹であがったやつは、甘くてとても美味しいんですよ。

ひたひたの水に約3%の塩を入れ、ことこと茹でること約50分。

早生種のおおまさり(ジャンボ落花生)は約1時間ですが、、、、、、

今だけの掘りたて、茹でたてをビールと共にいただきます!

秋の房総。ラストの味を堪能いたしました(*^_^*)

2013 新米!

f:id:satoyamakong:20131006112547j:plain

いよいよこの季節がやってきました!

2013年!サトコン新米の登場です(^_-)

冬の土起こしから、しろかき、くろぬり、草刈り、、、、、、

稲刈り、脱穀、天日ほし(はざかけ)、籾摺り、精米。

さすがに八十八の手間はかけてませんが、家族に主食である新米を

とどけるのが男の仕事といわんばかりに心血を注いできた甲斐がありました。

 

仕事の関係でなかなか行けずにかなり井上師匠にお世話になっての結果でしたし、

稲刈り、はざかけは木村さん、矢島さん、水口さん、河合さんのお手伝いもいただき

ました。

みなさん。お世話になりました。ありがとうございます。

通いで米を作るなんて無謀なことなのですが、師匠はじめ黙ってみてられない方がた

が手を差し伸べてくれたからこそ、今日この秋の一大イベントが迎えられるので

しょう。

 

特に今年は土作りを入念にしましたし、しろかきではとんぼを使って田んぼを

平らにする(なかなかの重労働でした 汗 )という事前の準備が奏功し、

必要な時に水がきちんと確保できたということで、粒も揃っていい米ができました。

そんなこんなを思い出しながら食べる新米!!!

いやー最高においしく味わい深いものになってます。

 

収穫に感謝!人の輪に感謝!日本の恵みに感謝!です。

秋のサトコン

f:id:satoyamakong:20131003162117j:plain

稲刈り、はざ掛け、脱穀を終え、しばらく振りで訪れたサトコン。

あちこちでイノシシが暴れていた形跡が!!

収穫前のサツマイモ、里芋が根こそぎ食べて味をしめたのか

夜な夜なやってきてはミミズをほじくっているようです。

今日は一日かけて周囲を草刈りしてきました。

かなり力を入れて草刈り機をブンまわし、ブンまわし。。。。。。

棚田は傾斜があるのでそれなりに技術と体力がいります。

恐らく明日?明後日?筋肉が悲鳴をあげるのでしょう。

 

秋らしい風景になってきましたね(^'^)

 

復帰してみた

f:id:satoyamakong:20130927115123j:plain

春に書き込みしてから約半年,ブログは冬眠してました。

なんでだろう?もういいかという自分、そろそろ書くかという自分。

facebookで十分だろうという自分。いろんな自分が同居しながら

眠らしておりました。

が、しかーーーし!

この本を読んで目覚めました!!!

南房総鴨川に通い始めてはや8年。

耕作放棄の旧棚田を借りうけ田畑にしてからもう6年目。

都市生活者として仕事を持ちながらの『通い農』

自らが農的な暮らしを経験しながら、今の日本の典型的な暮らし方がこれでいいのか

?これからの日本はどうなってしまうのか?どこかで不安な気持ちを持ちながら

その答えを探りながらも、先送りしながの日々を過ごしていました。

その思いが、冬眠につながっていたのかもしれません。

 

里山資本主義。

現代のマネー資本主義に色濃く染まってしまった我々日本人が、この閉塞した感の強まる世の中でいかに活き活きと笑顔で安心して暮らしていけるのか?

何もないと表現される里山、言い方を変えると田舎、そこでの暮らしにこそ、基本的

な安心(水、食料、燃料)が得られ、そこから派生する自然とそこに住む人々との

共生のありかた。

それが今の自分の生活のなかに巣くっていたなんとも言えない不安からの解放を示唆

してくれるものだった、と改めて思うことができました。

無理に時代を逆回転するのではなく、今の暮らしの中にしなやかに里山の生活を

組み込んでいくということ。

いわば、この先の自分の暮らし、人生のセイフティーネットにしていく考え方です。

 

いやー、早くから始めていてよかったです!

これからまた加速して関わっていくようにします。

よって、このブログも再開ということになりました。

またどんどん発信(ゆるゆるですが 笑)していきます!